イメージ

体を鍛えていくトレーニング方法はたくさんありますが、その中でも体幹を鍛えることで体を丈夫にしていくことができるといいますよね。
これは、成長期に身長を伸ばしたいというときにも関係していることなのです。
身長と体幹トレーニング、いったいどのような関係があるのでしょうか?

体幹トレーニングとは

イメージ

よく体幹トレーニングという言葉を耳にしますが、具体的にどういったトレーニングか調べたことはありますか?
アスリートたちが実践しているプロ並みのトレーニングで難しそうなイメージがありますよね。
体幹とは見た目の腹筋などではなく、その内側にある筋肉のことを指しています。
つまり、適当な筋トレでは鍛えることが難しい筋肉であるということにもなります。

体幹と呼ばれている箇所には、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群と4つあります。
横隔膜は呼吸をすると上がったり下がったりする筋肉ですが、ここを鍛えることで体のバランスが安定して背骨が伸びます。
腹横筋については体幹の中でももっとも大事なものと言われており、一番体の奥にあるため鍛えにくい箇所にもなっています。
腹横筋を鍛えていくと、腰を安定させることができぶれない体になっていきます。

また、多裂筋については背中にある筋肉なのですが、普段の生活の中では使わない部分なので意識して体幹トレーニングをしていかないと鍛えることは難しいです。
多裂筋を鍛えることで体をねじるときの腰椎を安定させることができます。
最後に骨盤底筋群は骨盤にふたをしているような筋肉です。
ここを鍛えると排便や排尿を力を向上させてくれるといいます。

このように、主に4つある体幹はそれぞれ違う役割を持っており、私たちが健康的に過ごしていくためには欠かせない筋肉たちとなっているのです。
これを鍛えていくのが体幹トレーニングというわけです。

体幹トレーニングをすると、こんなメリットがあります。

姿勢がよくなる

デスクワークをする機会が増えてきた今、姿勢が悪い人も急増中です。
しかし、体幹トレーニングをしていくことで腰椎を安定させることができるので、背骨が伸びていき、姿勢の良い状態をキープすることができるようになるのです。

イメージ

太りにくくなる

太りにくい人は筋肉がしっかりとついているからといいます。
そこで、体幹トレーニングで筋肉を鍛えていくことで基礎代謝を上げていけるので、太りにくい体に変えていくことが可能です。

適度な体幹トレーニングが身長に効果アリ

この体幹トレーニングを上手に成長期に取り入れていくと、身長も順調に伸びていくと言われています。
筋トレは部活動や体育でも少しするかもしれませんが、成長ホルモンを分泌させることができます。
この成長ホルモンは身長を伸ばしたいときに活発に分泌させたいホルモンであり、上手に行うことで身長にも変化が表れてきます。
しかし、がむしゃらにやっても意味がなく、効率の良い筋トレを毎日ちょっとずつ継続することが大切になってきます。ここでは初心者でも自宅で簡単にでき、かつ効果的な体幹トレーニングを紹介しますね。

体幹トレーニングで身長を伸ばしたいならここを鍛えよう

体幹トレーニングを実践することで身長も伸びたらいいなと考えている人は多いと思いますが、そのためにはどこをどのように鍛えれば身長を伸ばすことができるのか、きちんと知ってから始めないと意味がありません。

腕立て伏せやベンチプレス

イメージ

上半身においては大胸筋をこれらのトレーニングで鍛えていくといいでしょう。
といっても大胸筋ばかりを鍛えていては意味がないので、極端に同じ個所ばかり鍛えるのではなくバランスよくトレーニングしていくことが大切です。
腕立て伏せなら自宅でもスペースがあればできるので手軽ですね。ここでも正しいフォームでトレーニングすることが大切です。
こちらの動画で正しいフォームを身につけて下さい。

太スクワットやレッグカール

イメージ

下半身の中で一番大きな筋肉は大腿筋と言われています。
よって、この部分を鍛えることで身長も伸びやすくなっていきます。
実際にバスケットボールやバレーボールの選手で身長が高い人が多いのも、この大腿筋がしっかり鍛えられているからと考えられます。

スクワットは定番のトレーニングでもありますが、方法はたくさんあり毎日続けるととても大きな効果を期待できます。
成長期の子供の場合にはレッグカールよりもスクワットを実践する方が簡単にできて身についていくでしょう。
日ごろ部活動で活発に動いている子供についてはいつものトレーニングにちょっとこれらを加えてみるといいでしょう。注意点としては、最初はあまり重たい負荷をかけ過ぎないようにしましょう。

まず自重(自分の体重の意味)のみの負荷からスタートし、慣れてきたら10キロ程度の負荷でトレーニングをしましょう。

軽く感じるかもしれませんが、正しいフォームでトレーニングすることで、軽い負荷でも効果てきめんです。

こちらの動画を見ながら正しいフォームを身につけましょう。

体幹トレーニングのまとめ

体幹トレーニングは体の奥に潜んでいる筋肉を鍛えることであり、大きな筋肉を鍛えていくことで体幹も鍛えられていくといいます。
よって、上半身と下半身に分けてトレーニングを実践していくと、より高い効果を感じられるでしょう。
上手に効率よくトレーニングを行うことで、成長期に大きく身長を伸ばすことができるようになります。

身長の伸びに悩んでいる成長期の方は、運動部でも文化部であっても自宅で簡単にできるトレーニングを始めてみると変化が出てきます。